技研トラステム

3つの
「混雑見える化」

で集客に安全と安心を。

3段階の情報発信で混雑をコントロール。
商業施設・公共施設向け、withコロナ時代の集客対策ソリューション。



Phase1 分散来店を促す
混雑状況を来店前に
Webでチェック

PASSER-Information Public

混雑度合いや集中する時間帯を、お客様が事前にチェック。
来場者の集中する時間帯を分散させ、混雑を緩和させます。

スマホでチェック

施設の混雑状況をWebで公開

施設がどれぐらい混雑しているかをWeb上で公開し、来場を考えているお客様に向けて、事前にアナウンスします。

曜日や時間帯別の表示

曜日・時間帯別の来場者の集中を緩和

現在の混雑状況に加え、曜日別・時間帯別の混雑傾向を掲載。混雑しやすい時間帯を避けてもらうことで、人が集中する状況を緩和させます。


サービス構成

概要図


混雑案内

実際の混雑状況から現在、曜日、時間帯でご案内。
時間分散、曜日分散により買い物をし易く混雑回避。

基本仕様

Phase2 来店客を誘導
計測した混雑状況を
来場者にアナウンス

PASSER-Information 混雑モニタ

入店・退店者数を自動で計測し、施設内の利用客数をオンタイムに把握。
混雑状況をモニターに表示し、来場者にアナウンスします。

滞留人数把握イメージ

入店・退店・店内の滞留人数を把握

施設の出入口に高精度の人数カウントセンサを設置し、入店・退店の人数をカウント。滞留値(施設内の利用客数)を自動で集計します。複数の出入口・センサがある場合も、同時集計が可能です。

リアルタイム表示と監視

混雑状況をリアルタイムに表示

現在の滞留人数から分析し、混雑状況をモニターに表示。オンタイムの情報提供による注意喚起で、お客さまが自ら「密集」を回避するように誘導します。


サービス構成

混雑案内表示用の端末においては弊社で手配も可能です。クラウド接続のための、SIM回線もご用意します。
※オンプレミスでの対応も可能です。詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

システムクラウドサービス
センサセンサ
集計ソフト集計ソフト
案内表示案内表示

基本仕様

Phase3 店内密集を回避
密集しやすい場所の
混雑状況を
リアルタイムで把握

AIO-Information

施設内の、あらかじめ人の集中が予想されるスポットに対して、リアルタイムの混雑状況をアナウンスし、密集を回避します。

エリア内の人数を感知

特定エリアで発生する密集を緩和

イベントスペース、喫煙所など、「密」が起こりやすい場所の人数をリアルタイムに計測。案内表示で施設内の密集を緩和します。

広範囲でも設置可能

人数に応じた案内画像を表示

エリア内の人数が設定された数値を越えると、人数にあわせた注意警告表示を行います。3段階の混雑表示で、リアルタイムに注意を促します。

広範囲でも設置可能

表示する画像は自由に変更可能

表示する案内画像は、任意の画像に設定が可能です。集客用のサイネージと、混雑時の注意喚起を両立させることができます。

広範囲でも設置可能

複数センサによる広範囲集計も可能

複数のセンサを設置し、それぞれの数値を合算することができます。広いエリアでも、リアルタイムでの混雑案内が可能です。


サービス構成

概要図


仕組み概要


基本仕様

資料請求・お問い合わせ

お客様の施設規模や、運営体制にあわせたご提案をいたします。
導入のご相談、お見積もりについて、お気軽にお問い合わせください。

【京都本社】関西・西日本の方はこちら

075-646-5520

【東京支店】東京・東日本の方はこちら

03-5733-1721

お問い合わせフォーム
トップへ